ステップ踏んで

忙しい日々。     8月27日。

002フヨウ
        フヨウ

  今年の夏は暑すぎて、庭の花も咲き方が何となく元気がない感じです。何時もの年は朝窓を開けると、大きな花がいくつも咲いて、楽しませてくれたのに、ちょっと元気がないみたい

006外壁塗装中
        外壁を塗装中


   そんな暑い最中に、我が家は外壁塗装の職人さんが入っています。17日から始まったのですが、10日立ったのにまだ終わらない。雨が降ったり、職人さんの都合もあるので仕方がないんだけど、窓はビニールで覆われて、開くのは玄関だけ。ちょっと息苦しい~、綺麗になるのでもう少しの我慢です。


002主人のボールとシューズ
        主人のボールとシューズ


   そんな訳で山にも行けないので、1月から始めたボーリングネタでも
新聞の広告に、初心者向き、何歳からからでも始められる!健康ボウリング教室の募集がありました。
5週で2000円!安いし行って見ようと二人で始めました。


004私のシューズとボール
         私のボールとシューズ

   2人共初めてのようなものだけど、プロの方がついて丁寧に教えてもらいましたが、中々思うように投げられません。5週が過ぎて、クラブリーグが結成されて半年間頑張りましたが、まだまだ思うような結果が出ないのは、ちょっと悔しい。
でもプロの先生やスタッフの方に、励まされて少し楽しいと思えるまで、続けて来れました。


001ラウンドワンのレーン
       ラウンドワンのレーン


    8月からは先生やスタッフから離れて、気楽に楽しむ仲間と楽しんでいます。ボールを投げて思うように、ピンがはじけると、とても気持ちいい。めったにないんだけど。





  

スポンサーサイト

PageTop

富山県立山、浄土山登山(2日目)。  7月 30、31日。

240浄土山へ
        室堂から浄土山へ


   2日目は期待どうりの晴天で、気持ちはワクワク。立山駅からケーブルカーに乗って美女平まで、バスに乗り継いで室堂へ、2009年に扇沢から入った事がありますが、どちらもそれなりに良い感じ。早速室堂平へ登ります。


064薬師岳、
        薬師岳


    室堂山展望所からは、手前に五色が原が広がって、奥に薬師岳の綺麗な姿が見えます。鷲羽岳や笠ヶ岳、遠くに槍や穂高も見えます。富山湾も見えてぐるりと申し分ない風景です。


648シコタンソウとイワギキョウ
       ミヤマツメクサとイワギキョウ


   あまりの景色の良さに、動きたくなかったけど、今日の目的の浄土山に向かいます。簡単なハイキングコースだよって聞かされてきたのに、浄土山は結構なイワイワの急登です。岩の間に綺麗に咲いている花々に励まされながら登りました。


483一の越から雄山
       一の越から雄山


    浄土山の頂上からは一段と景色が広がって素晴らしい眺めです。若い単独の女性が雄山をバックに、撮ってもらえますか?って、シャッターを押してあげたら、傍にいた単独の男性も撮って言われて押してあげた、二人とも昨日は剣岳を登ってそうです。私達も何年か前に雄山から大汝山、富士の折立、真砂岳と縦走した話や、若い女性と男性とジジ、ババでしばし山の話で盛り上がりました。



086一の越への下り
       一の越への下り


    何時まで見てても飽きない風景ですが、帰りの時間もあるので一の越山荘に下ります。


090トウヤクリンドウ
       トウヤクリンドウ


    まだ咲きだしたばかりの、新鮮なトウヤクリンドウ


803イワgキョウとイワツメグサ
       イワギキョウとシロツメグサ


    花に癒されながら、一の越山荘に着いたけど、足が痛くなってきました。


091一の越からの下り
      バスターミナルへ向かって


    山荘からバスターミナルまでは、思っていた以上に遠く、痛みだした足をかばいながらヨレヨレになりながらたどり着いた。
立山でもう一泊したかったけど、宿はとれそうになく、ゆっくり運転しながら帰ることにした。
親不知子不知あたりで夕日が沈んで、そのあとはまん丸い綺麗なお月様に見守られながら、11時に無事家に着いた。
後で知ったのですが、お月様は3年に一度しか見られないブルームーンだったそうです。




PageTop

富山県立山、浄土山登山(1日目)。  7月 30、31日。


358薬師岳
       この風景が見たくって、立山の室堂に行って来ました

002霧の高速道路
        霧の高速道路

     今年の夏山は、富山県側から立山に行きたいと、主人の提案。早速ガイド本や パソコンで行き方や、宿泊場所を調べました。あとは天気予報が気になって、室堂のライブカメラと天気図とにらめっこ。
一日目は少し曇っていても、次の日に晴れるのを期待して、出発、。


006称名の滝への道
        称名滝への道   


    上信道から北陸道を走って、順調に立山に着きました。時間も早いので明日のために立山駅を偵察
ここまでの道は静かで、華やかな室堂への登山口とも思えなかったのですが、駅の周りの駐車場は、沢山の車で埋まっていました。  今回の目的の一つ、日本一の落差を誇る称名滝見物へ。


010称名の滝
       称名滝


     駐車場に車を止めて、30分位歩きます。深い谷底を称名川沿いにのんびり歩きます。


019称名の滝
        称名滝


     この滝は谷の深いところにあるので、滝全体を写真で撮るのが難しい、水量のある時は横にもう一本の滝が流れて、V字になって素晴らしいそうです。  主人がきりもなくシャッターを押しています、滝の横の壁をクライミングしている人がいるようです。私の目ではほとんど確認できません。凄い事をする人がいるね


030ホワイトベル
        ペンションホワイトベル


    立山駅の側には、ホテルやペンションも、結構あるけど何しろ夏休み中なので、予約は厳しい
前日に何とか予約が取れた、ホワイトベルに宿泊です。車から降りたらカサブランカの甘い香りに包まれて中々良い感じ。



032受付の前にパチリ
        思わずパチリ


    お料理とお風呂が自慢のお宿と言うだけあって、お風呂も広く露店風呂も付いてて、気持ちいい
お料理も豪華ではないけど、ひとつひとつ丁寧に作られていて、とても美味しい。今日はほぼ満室らしく30人位のお客様です。私達の隣は中国からのお客様8人、とてもフレンドリーで楽しく食事が出来ました。お部屋は少し狭かったけど、これで一万円は満足のお宿でした。明日に備えて早く就寝です

PageTop